スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドの日々 その3

     レーにて

     レーはラダック地方の中心の街です。標高は3505m。
     街からさほど遠くないところにあるティクセ・ゴンパ。

     ティクセ




     レーの街にて。野菜売りのおばさん。

     野菜売りのおばさん

 

スポンサーサイト

インドの日々 その2

スリナガルからまる2日かけて、ラダック地方のレーまでバスの旅をしました。
途中で泊まったのはインド・パキスタン停戦ラインのすぐそばにあるカルギルという街。
高山病で頭が痛くなったりしながら、たくさんの峠を越え、フォト・ラ(ラは峠という意味)(4091m)を越えたところで見えてきた光景です。
だれかが、「 K2 (8611m) が見えた」と言ってました。
この写真には写ってませんが、確かに遥か遠くに雪を頂く高い山が見えていました。
ただ、ここからは百数十キロも離れているので本当かどうかはわかりません。

     荒涼としたチベット高原です。

     チベット1




     その時乗ったバスはこんなオンボロ!
     たぶん、ラマユルにて。後ろに見えるのはゴンパ(チベット仏教寺院)。

     バス


インドの日々 その1

15年ほど前、インドを頻繁に訪問していました。
なぜ今頃になって…ということなのですが、なんとなく望郷の念といったところでしょうか。インドは心のふるさとのように感じます。
写真がネタギレということもありますが、これからときどき古い写真を載せていきたいと思っています。
15年前ですから、もちろんフィルムで撮影してます。カメラもコンパクトカメラですから、写りはひどいものですが、デジタルによる修正を加えて、すこしは見やすくしております。

第一回目はパキスタンとの国境付近でジャンムーカシミール州の州都スリナガルからラダック地方のレーまでバスで旅したときの写真です。
いまだにインドとパキスタンの紛争が続いていて、スリナガルやラダック、その間の国境近くの街には渡航延期や退避勧告が出ていますが、その当時はまったくそういうことも知らずにのこのこと出かけていってしまいました。
昼間は静かでとてものんびりとした素晴らしい避暑地でしたが、夜になると銃声が聞こえたりして、やっぱり緊張感がありました。

今日の写真はスリナガルのダル湖です。たくさんのボートハウスが並び、穏やかで静かな素晴らしい観光地です。でも、ゲリラの暗躍で観光客は極端に少なかったです。

    ダル湖

    インド ジャンムーカシミール州の州都スリナガルのダル湖にて
    1995年7月10日


カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。